まかぽっぽ。

PSO2(ファンタシースターオンライン2)の攻略や最新情報などを取り扱っています。たまに雑記。

【PSO2】EPISODE6-1章「終がもたらす絶望」の内容まとめ

終の女神シバ

【PSO2】EPISODE6-序章「終に抗う術」の内容まとめ - まかぽっぽ。

※ネタバレ注意です

EPISODE6-1章「終がもたらす絶望」

マザーシップに侵入者

終の女神シバ

マザーシップ内部に突如現れた終の女神シバたち。

狙っていた座標はマザーシップ中枢だったが、少しズレて侵入してしまったようだ。

 

 

せっかくなので

せっかくなので、道中の破壊を楽しむことに。

 

 

 

 壮年アークスが直ちに駆けつけるが速攻でやられてしまう。

 

 

 

 

 

狂騒

シバ「ヴァルナ、ミトラ。競争をしましょう。」

 

私はこういうの召喚して楽しちゃうけどね~。

 

 

劣化コピー

見ているのでしょう?劣化コピー。

アークスのみなさんに伝えてください。「健闘を祈る」と。

 

女神が描く戯曲の序章

ヒルダ「敵性反応出現!」

シエラ「シャオくんも自閉モードみたい・・・」

マトイ「大丈夫だよ。私達がなんとかするから」

 

 

EPISODE6-CHAPTER1「終がもたらす絶望」

マリア

マリアがどうやら閃機種に襲われている!助太刀する守護騎士たち。

 

 

マリア「悪いね、助かったよ」

 

 

ゼノ

突然守護騎士達を襲ってくるマリア。

 

マリアは本物じゃないようだ

 

正体を現すミトラ。「似てないとは心外。私の模倣は、完璧。」

 

ミトラ

私はミトラ。二十の座。偽の女神。偽物になるために、私は在る。

 

ミトラには「模倣」という、一度触った相手に擬態する能力があるようだ。

 

疑心は人を殺す。人が人を疑う様はとても滑稽。

これからあなた達は常に疑わなければならない。自分たちの仲間が仲間ではないのかもと。

 

 本気で襲いかかるミトラ。

ミトラやシバたちと同じ性質の硬さをもつゼノの武器「ナナキ」さえも壊してしまう。

 

ミトラ「どうりで硬いわけだ。でも、持ち主を殺せば関係ないよね。」

 

そこにリサが助太刀に現れた。

ミトラは、シバやヴァルナと競争中なため、ここでポイントを稼ぐには時間がかかりすぎると判断し去った。

 

ゼノは足手まといになるため帰還し、リサは守護騎士たちと同行することに。

 

場面は切り替わり、フォトンをもたないサラと、終の女神シバが戦っているシーンに。

 

 

ルーサーという名に過敏に反応するシバ。サラの攻撃を軽々といなし、トドメを刺そうとする。

 

終の女神シバ「努力は認めましょう。しかし、私は生まれ落ちたその時から、世界を統べるためにあった存在。世界の器たる存在ですから。」

 

シエラ「これはアークスシップ独立運用コード??どうして・・・?」

 

シャオが突如、終の女神シバとサラの間に割って入り、サラのかわりに犠牲になる。

 

シャオ「合理的な判断じゃないのはわかってる。でも勝手に身体が動いてた」

 

 

シャオ「◯◯◯◯△△△✕✕✕✕・・・・・。」(なにかしゃべっているようだ)

 

 

シバ「これで頭は潰しました。続いて手をつぶしましょう」

ウルク「そうはさせないよ!」AISに乗っての登場。

 

AISを犠牲に脱出を図るウルク。

 

マザーシップ・シャオ、放棄します。

 

終の女神シバたちはまだまだ本気をだしていない様子。

 

追撃はヴァルナが行なうようだ。2章はヴァルナが中心になるのかな?

 

 

終の女神シバ陣営に侵食されたマザーシップ。

 

退いたアークス陣営。

どうして退いたのか?

 

ウルク「マザーシップと貴方達を天秤にかけてそうした。間違いだったとは思っていない。シャオもきっとそうしたから。」

 

サラ「・・・」

アルマ「シャオくんの縁者、サラちゃん。今なら私が見える?前は見えなかったけど今は見える。どうしてかわかる?シャオがあなたの内に居るから見えるんだよ」

 

サラ「しっかりしなさいみんな!」(急にやる気をだすサラ)

 

サラ「あいつはきっとこう言う。『やられっぱなしは性に合わない。』ってね。」

 

シャオの遺言を頼りに惑星アムドゥスキアに向かうことに。

 

 

 

 

 ではでは~。