まかぽっぽ。

主にPSO2(ファンタシースターオンライン2)の攻略や最新情報などを取り扱っています。たまに雑記。

星15光跡、イクス、オフスNTシリーズ武器の性能や潜在能力について【PSO2】

星15武器性能 潜在能力

※音量注意です。

こんにちは!

 

今回は、12月19日に実装される、☆15武器「光跡シリーズ」、アトラ武器のアップグレード「イクスシリーズ」、「オフスティアNTシリーズ」の性能や潜在能力とその効果について紹介していきます。 

   

武器性能比較

オフスNT追記

全てソードでの比較。大雑把にこのような強さになります。

光跡シリーズはMAX状態ではなくベースの10%上昇アップの時点でこの状態。

 

オフスNTの闇き幻精はまだ倍率が不明なため、後日追記します。

ヘリクスの威力上昇倍率が変わる可能性がありますね。セット効果やヘリクスの威力上昇がないと他の星15武器より控えめなので、実質幻精一択かもです。

 

ステの盛り方はS級対応枠が多いものはSOPで専有してしまう分のOPを少し低めにしてあります。

火力SOPを盛った場合、実装される時点では文句無しでTOPクラスの火力。光跡に関してはTOPクラスではなく完全にTOPとなっています。

 

 

☆15「光跡シオンシリーズ」の潜在能力とその効果

光跡シオンシリーズ

光跡シリーズ武器の潜在能力は「流光の蘇回」。

効果はLv3時の場合「威力が10%上昇。PPが一定以下になった時、PPを全回復し一定時間さらに威力上昇。ただしクールタイムがある。全DBフォームへの変身時間が10秒増加する。」という潜在。 (※12/4追記)

 

素の攻撃力はソードが+35まで強化時で2494。

対応SOPはS1~S3となっています。

 

「アトライクスシリーズ」の潜在能力とその効果

アトラ・イクスシリーズ

 素の攻撃力はソードが+35まで強化時で2411。

アトラとリュミエルの上位であるイクスシリーズ武器の潜在能力は「不滅の戦魂」。

効果はLv3時の場合、「威力が10%上昇一度だけ致命傷を受けても耐え、発動後一定時間の間徐々にHP回復。」となっています。

 

対応SOPはS1~S4となっています。

 

時環石クロノスは12月中旬に実装予定のストーリークエストの報酬で2個目が、

2019年2月頃に予定している「獲得称号数」の称号報酬で3個目が入手可能になります。(※12/4追記

 

 

「オフスティアNTシリーズ」の潜在能力とその効果

オフスNT

 素の攻撃力は+35まで強化時で2303。

オフスNTシリーズの潜在能力は3つの中から選択式。

SOPはS1~S3に対応。

闇き幻精

  • フォトンブラストゲージに応じて威力が◯%/◯%/◯%上昇する。フォトンブラスト発動時、幻獣毎に異なる効果発生。
幻獣ごとの効果

 

ヘリクス系:攻撃時の威力が◯%上昇する

アイアス系:攻撃時のPP回復量が◯%上昇する

ケートス系:PPの自動回復量が◯%上昇する

ユリウス系:被ダメージが◯%減少する

イリオス系:PPの消費量が◯%減少する

 

 

  • フォトンブラスト発動時、呼び出した幻獣に応じてプレイヤーへのブースト効果が発生。
  • この効果は、この潜在能力の武器の装備時、クエスト終了まで持続し、エリアを跨いでも効果が持続する。(ただしキャンプシップに戻ると切れます。)
  • マグを変更するなどして別のフォトンブラストを発動させると、別系統のブースト効果は累積される。(例:ヘリクス系のあとにアイアス系を発動させた場合、威力4%UP効果と攻撃時PP回復量40%UP効果の両方が適用される。)
  • PBを使用し、ブースト効果を発生させてから武器を持ち替えた場合、再びこの潜在能力の武器(アーレス-NTシリーズ)に持ち替えるとブースト効果は再び適用される。
  • PBの発動時、幻獣毎に異なる紋章エフェクトが発生する。

闇き聖盾

  • 威力が9%上昇。一定間隔で被ダメージを軽減するバリアを展開。

闇き惑盾

  • 威力が9%上昇。一定間隔で吹き飛ばしを無効化するバリアを展開。

 

闇き聖盾と、闇き惑盾の説明文に被ダメージで効果消失とは書いてないですが、一定間隔で展開というのを考えると今回も被弾か時間経過でバリア消失しそう?隠し潜在効果がどう調整されるのかも気になるところ。

 


関連記事↓

 

ではでは~。