まかぽっぽ。

主にPSO2(ファンタシースターオンライン2)の攻略や最新情報などを取り扱っています。たまに雑記。

任天堂社員が「日本人のyoutubeへのコメントや評価を拒否してる」理由について言及?

今月のゴン格よりインタビュー抜粋

「日本人は嫌いなものに執着しようとする一面があると思うんです。外国人は嫌いなものには中指立てて終わり。もしくは相手にしない

これが酷いところになると、ゲーム会社単位、開発者単位で、あいつらの作ったゲームはダメ、なんて先入観を持って叩いてくる人もいますから

だから日本人の性質としてとにかく”クリエイター気取りの文句”が絶えないんです

しか数百人数千人の人が携わる1つのゲームにたった1人の一般人が気づくような穴を塞いでいないなんて事態は基本的には起こりません

結局スタンスが違うだけで文句はアドバイス足りえないんです。こういう意図があったのにそれに気付いてもらえず的の外れたことを上から目線で言われたらストレスですから

ただ外国人の様に「いい」「わるい」を素直に評価していただければ我々も需要がどこにあるのか探りやすいわけです。だから外国人の評価は参考にしています」

 

 

ツイッターで拡散されていたこの情報は釣り

 

私見

任天堂はコアなファンにもなかなか気付いてもらえないような事をわざと好んで仕込む事が多いので、気付いてもらえないことにストレスを感じたりしないのでは?