まかぽっぽ。

主にPSO2(ファンタシースターオンライン2)の攻略や最新情報などを取り扱っています。たまに雑記。

家でゴロゴロする事の何が悪いの?日本人とフランス人の労働に関する価値観の違い。【ひろゆき】

 

 

『【ひろゆき】個人的に楽しくなるにはどうすればいいか会議。#4』にて、

ひろゆき氏が発言していた内容です。

 

家でゴロゴロすることの何が悪いの?

質問者「友達が仕事してなくて、家でずっとゴロゴロしてるんだけど」

ひろゆき「それの何が悪いのか僕には理解できないです。

家でゴロゴロするのを悪いことであるっていう風潮って、

たぶん昭和の風潮なんですよね。

昭和って、家がせまくて子だくさんだったんですよ。」

 

「今って1人っ子とか、まあせいぜい2人で、

 3人4人子供産むことって滅多にないんですよね。

昭和の時代って割と3人4人子供産むのも当たり前で、

 個人部屋って基本無かったんですよね。

だからテレビも居間に一台だけだった。

本当にこう、玄関開けたら部屋みたいなところに、

4人以上で住んでたので、子供はさっさと、

家出てほしかったんですよ。」

 

ひろゆき「まぁ、日中遊びに行くだったりだとか。なので、

家の中に居ないほうがいいっていうのが、

割とあったんですけど、もう今の時代、

個人部屋あるんで、別にあの、

家に居なくちゃいけないっていう価値観

本当は特に無いと思うんですよね。」

 

休むことは良くない?フランス人の労働に対する価値観

ひろゆき「そうそう、あと、休む事が良くないっていうのがあるんですけど、

今フランスはバカンスシーズンでして、大体この2ヶ月ぐらいの間、

お店とか役所とか、ほとんどちゃんと動かないです。」

 

「フランスってだいたい、

有給休暇この期間、2 ~3週間取れるんですよ。

なので、3週間休みです!みたいな人がザラに居て、

担当者が、9月まで帰ってきません!ってのが当たり前。

だから、何かやったとしても、9月まで帰ってこないし、

9月まで皆帰ってこないのが分かってるから、

この期間はまともに仕事しないってのが

割と決まってるんですよ。」

 

「で、フランスの人に、そんな休んでてなんなの?

 みたいな話になると思うんですけど、フランス人は、

『この1年間の間の、この2~3週間のバカンスのために

生きているんだ』と。

『 俺は仕事のために生きてるんじゃなくて、

バカンスのために生きてるから、

 バカンスがないんだったら、仕事もしない』」

「なので、なんのために生きてるかが、

日本人ってその、仕事のやりがいとか、

なんか、仕事をすること自体に、自分の価値を

リンクさせる人が多いんですけど、フランスの人たちは

休むのが当たり前、休んで、だらだらするのが僕らの人生なので、

それを維持するためにお金が必要だから、

仕方なく働いていますっていうので、

働く事っていうのは良いことって捉えてない。

あの、キリスト教の価値観で、

 働くというのは基本的には罪を償うために

やる行動で、労働というのは罰であると。

労働するのは尊いという日本の価値観とは真逆なんですよね。」

 

まとめ

日本人はもっと気楽に生きていいんじゃないでしょうか。僕はもっと気楽にだらだら生きて行こうと思います(☝ ՞ਊ ՞)☝